言いたい事が言えなくて悩んでいる方へ

仕事でもプライベートでも日常生活においてやりたくない事をやったり、居たくない人といる時間は本当に辛いです。

でも「言いたい事を言えない」と言う性格から本心では無いにも関わらず、やりたくない事に時間を費やしたり、居たくない人と時間過ごしたりしてしまいます。

以前、生徒さんから相談を受けました。

バンドの誘いを受けてしまって、あまり乗り気では無い上に今就職活動で忙しい中、断る事が出来ずやる事になってしまった。

相手の残念そうな顔やイライラしてる表情など顔色を気にしてしまい自分の思っている事が言えない…という事でした。

その時は「決まってしまったものは仕方ないので時間が過ぎるのを待てばいい」と考えてしますが、言いたいことを言って自分の意思を伝えないと、たとえその時間が過ぎても、また新たにやりたくない事をやるハメになったり居たくない人と居なければならない状況が来ます。

1つのことを「我慢する」事でやりすごしたとしても、また我慢しなければならない状況がきます。

つまり「根本」を変えないとその負のループから抜け出す事は出来ません。

そもそも、何故「言いたい事を言えない」と言う状況になるのでしょうか。

・言いたい事を言う事で嫌われてしまうかもしれない。空気が読めないヤツ、変なヤツだと思われるかもしれない。

・言いたい事を言う事で傷つけてしまうかもしれない。悲しませてしまうかもしれない。人間関係が壊れてしまうかもしれない。

・言いたい事を言う事で争いが始まるかもしれない。相手を怒らせてしまうかもしれない。

こう言うトラブルを回避するために『言いたい事を言わない』ようにしている人はいると思います。

「言いたい事を言わない」事は相手に気を使い相手を思いやっているように見えますが、実際はそうではなく自分の気持ちに嘘をついて、相手にも嘘をついている状態なのです。

つまり楽しいフリをしたり、やる気のあるフリをする事は自分にとっても相手にとっても何も良い事は無いと言う事です。

それは相手と向き合う事から逃げてしまっている状態とも言えると思います。

またあなたの周りの自己中心的な人はそんな「言いたいことを言えない人」を見つけるのが得意なので、ちゃんと自分の意思をハッキリ伝えないと見事に利用されてしまいます。

あなたが「断る!」と決めていても自己中心的な人に言いくるめられたり納得させられてしまいます。

そもそも言いたい事を言葉にして言えるようにする目的は、相手を言い負かして自分が優位に立つことでもなければ、相手を自分の思い通りに動かそうと言う事では無いです。

自分の思っている通りの人生を送る為に、思っている事を言葉にして伝えたり、思っている事を実行したりするのです。

でもそれが分かっているハズなのに、何で「言いたい事が言えない」のでしょうか。

本当の問題は、「言いたい事を言わないようにしている」のではなく、「言いたい事があるけど、なんて言ったら良いのかわからない」にあると思います。

つまり思っている事や考えてる事を言葉にする事が出来ない。』と言うことです。

モヤモヤしている事や、心で思っている事を言葉にすることも文章に書いて伝える事も出来ないので、もちろん話をして伝える事も出来ない。

つまり自分で何を思っているかすらも理解できていない状態なのではないでしょうか。

自分がどんな事に感動するのか、何が好きか、どんなことで悲しむか、喜ぶか、怒るか、漠然としていませんか?

本当に自分の事をよく知っていますか?

そしてこれを気付いたからと言って、じゃあ今から言葉にしていこう!と決心してもすぐには上手くいきません。

頭で考えていたり心で思っている事を言葉にするには練習が必要なのです。

ではどんな練習が必要なのか。

自分の食べたいもの、行きたいところを言葉にして言って、実際に行動に移してみる所から始めてみてはどうでしょうか。

「このランチを食べたい」「ここに行きたい」などを自分の意思で判断するという事です。

凄く些細な事ですが、言いたいことが言えない方はこの決定すらも他人に委ねているように思います。

つまり「どちらでも良い」「何でも良い」を極力無くす事が大切です。

この自分の意思を他人に委ねるクセが、やりたくないバンドをやったり、やりたくない仕事をやったり、遊びたくない人と遊んだり、付き合いたくない人と付き合ったりする事になってしまいます。

ちゃんと自分の欲求が通れば「こう言えば相手に伝わる」と言う自分の経験になります。

そしてそれを普段からクセ付けておくようにしましょう。

そこから少しずつ自分の意思を通す練習を積み重ねて行くと、自分の気持ちが向かないものは自分の意思でちゃんと断れるようになるし、自分の思っている事がちゃんと言えて自分の本当にやりたい事が出来るようになるのではないでしょうか。

とは言え普段自分が何を思っているのかわからなくて「とっさに言いたい事が言えない」事もあります。

そんな時どうすれば良いか。

それは普段から頭の中や心の中にあるものを見えるようにしておけば言えるようになります。

つまり思い付く事は何でも「書き出す」ということです。

僕は普段から頭に浮かぶ雑念(単語も)は極力iPhoneのメモに残しておくようにする事にしています。

普段のやりたい事や、やらなければならない事、考えている事、思っている事、自分の中の信念や、パッと閃いたアイデアなど頭の中にあるものを思いつけば忘れない内にすぐに書いて「見える化」しています。

そして断片的な思考を繋いで形に出来るようになったらTwitterに書き込んでみたり、最近ではブログにしてみてます。

とにかく実体の無い思考を形にするクセをつけています。

Twitterは140文字しか投稿出来ないので、その文字数の中で考えている事を表現するにはかなりの技術がいる事もわかったし、こう言うブログにまとめるのも筋書きが必要となるので考えている事を言葉にするとてもよい練習になります。

インターネットに投稿すれば自分の考えに対してダイレクトに反応がくるし、いいねやコメントがつけば何度も自分の書いたものを見返す事になるのでより明確に自分の思っている事を引き出せるようになります。

「言いたいことを言う」本当の目的は相手を変える為ではないです。

自分を変える為です。

今後、ずっと言いたい事が言えなくて、やりたいことが出来なくて、気を使い続けて時間もお金も無駄にしてしまう辛さに比べたら、言いたいことをちゃんと言う一瞬の痛みなんか全然大したことではないです。

自分の意思決定を相手に委ねず、ちゃんと言いたいことを言うことで自分の思っている通りの人生になります。

でも急に変わる事は難しいし練習が必要なので、普段から意識して取り組んでみてはいかがでしょうか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中