突然ですがブログを始める事にしました。

タイトル通り、ブログを始めようと思います。

昔からやろうやろうと思ってたのですが、なかなかその重い腰が上がらず始められなかったのですが、そのきっかけをくれたのは生徒さんでした。

ひと月前にある生徒さんから「先生は本を出版されたりしていますか?」と言われました。

僕の将来の夢の1つにドラム教則本や自己啓発本など、本を出版する事があります。

「先生の考えが書いてある本を読んでみたいです」と言ってもらえた事で、必要としてくれる人がいるならばちゃんと夢に向かってチャレンジしようと思いました。

そこでまず“今”できる事と言えばブログを書く事だと思い、でもどうしたら良いかはイマイチわからないので、「とりあえずやってみる作戦」を決行する事にしました。

やっていけばやり方がわかるようになるので、やりながら軌道修正していければと思います。

僕が日々発信している短いドラムレッスン動画「今日のプチレッスン」もそうですが、やったりやらなかったりではなく続ける事が大切なので、このブログも肩肘張らないスタイルで続けていこうと思います。

僕がTwitterでたまに自分の考えを呟く事があります。

あれは誰かにエアリプしてるわけではなく、自分の雑念を含む考えをちゃんと言葉にする為の練習として発信しているのです。

電通のコピーライター、梅田悟司氏(「世界は誰かの仕事でできている」や「バイトするならタウンワーク」などのコピーライター)の著書「言葉にできるは武器になる」の中で“「言葉にできない」と言う事は「考えていない」のと同じである”と述べています。

言葉にして外に発信して相手に伝える為にはまず頭の中にある思考、“単語”や“文節”(著書の中では「内なる言葉」と記してあります)を育てる必要があるという事です。

皆さんも自分の考えがや想いがうまく人に伝えれなかったりする経験あるのではないのでしょうか。

それは『思っている事を言葉にする事が出来ない。』と言うことがあるのではないでしょうか。

頭で漠然とモヤモヤしている事や、心の奥底で思っている事を言葉にする能力が自分にない。

もちろん言葉に出来ないので、文章に書いて伝える事も出来なければ話をして伝える事も出来ない。

自分の意見を相手に伝えられないどころか、自分で何を思っているかすらも理解できていない状態である事なのです。

そして雑念などを含む「思考」を言葉にして相手に伝える為にはトレーニングが必要なのです。

引き続きTwitterやこのブログも普段僕が勉強している事をアウトプットしたり、頭の中で考えてるものを言葉にするトレーニングの一環として活用していきたいと思います。

なのでドラム教則関連の記事はここにはあまりないですw

ドラム教則関連の記事は「スタジオラグへおこしやす」の方に引き続き寄稿しようと思ってます。

皆さんのお役に少しでも立てればと思います。

ぼちぼちやっていくのでよろしくお願いします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中